人を知る人を知る

Introduction Of Employees社員紹介

使いやすさを重視した設計
それが技術者としての自分のこだわり

設計部 機械設計グループ 主任
K.S

2006年入社/
近畿大学 理工学部 機械工学科

現在の仕事内容

入社以来、ずっと機械設計グループに所属し、オーダーメイド機の機械設計を行っています。1~2年目は主に機械パーツの設計を担当し、その後、装置受注前の基本仕様の打合せ、装置受注後の詳細仕様の打合せ、機械の基本設計、完成後の調整や試運転の立ち合い、外注先との設計・装置仕様の打合せなど、徐々に仕事の幅を広げてきました。10年目あたりからは、プラントの設計など、スケールの大きな仕事にも携わるようになりました。

仕事上でのやりがい、喜び、苦労など

製作している装置の大半がオーダーメイドであるため、常に新しいことにチャレンジできます。図面上ではできていても、実際の形になるとうまく作動しないなど、壁にぶつかることもありますが、装置全体の設計に携わることができ、自分のこだわりを入れることができるのがこの仕事の魅力です。私自身は、お客様先の現行機もしっかりと確認しながら、使いやすさを重視した設計を心がけています。

仕事を通じて学んだ点

何もかもを一人で完璧にこなせる人間はいません。仕事をしていれば、自分一人では解決できないことや失敗することも多々あります。そんなとき、周りの人に助けてもらえるように日頃から自分のグループだけでなく、他グループの人とも良好な人間関係を築いておくことが大切だということを学びました。

環境、社風など会社(社内)の雰囲気について

設計や製造は年齢層が若く、20~30代の社員が多いです。上司や先輩にも相談しやすく、社員同士の仲も良いので、とても働きやすい環境だと思います。

仕事上での今後の抱負

現在は協力会社に頼っている全自動ラインの設計を、社内で行えるようにすることが目標です。

ここが自慢!山本ビニターのすごいところ

国内シェア5割を超える業界のリーディングカンパニーであることに誇りを持ち、他のメーカーが断るような難しい要望・課題でも、必ず引き受け、前向きに挑んでいくところ。

とある一日

8:10 出社
8:20 朝礼毎朝グループに分かれて1日の流れを共有します。
9:00 メールの確認
および処理
10:00 出社医療用バッグの製造ラインの試運転。設計したものがきちんと動くか確認する大事な作業です。
12:00 昼食・休憩
13:00 業務展示会出展予定の機械の設計。
複数の案件を平行して進めます。
17:20 休憩コーヒーを飲んでホッと一息。
業務に戻ります。
20:00 退社行き帰りの通勤時間を利用して、資格取得のため勉強に励みます!

上へ戻る